新着情報

サーマルセンター 打ち水効果

2017年08月01日

 ≪ 打ち水効果 ≫

「打ち水」とは、江戸時代の知恵で、その名の通り地面に「水を打つ」ことです。
水が蒸発するときに発生する気化熱を利用し、大気の温度を下げ(水1gの蒸発につき約0.58calの熱を奪う)同時に涼風を発生させることで体感温度を下げることができます。サーマルセンターでは2012年度より熱中症の予備対策として先人の知恵を拝借し、融雪ホースを利用して打ち水を行っています。

サーマルセンター 打ち水効果サーマルセンター 打ち水効果

toppage